21 名
出身地
活動拠点

新井 碧

  • 絵画
  • ドローイング

1992年 茨城県生まれ
2011年 東京造形大学 造形学部美術学科 絵画専攻 入学
2015年 東京造形大学 造形学部美術学科絵画専攻 卒業
2022年 京都芸術大学 修士課程 修了

伊藤 咲穂

  • 絵画
  • 立体
  • ドローイング
  • 陶芸 / 工芸
  • その他

[Biography
]
伊藤咲穂は1989年島根県に生まれ2014年武蔵野美術大学卒業後、アート活動を開始。
2016年に東京都美術館で展示した後、美術大学時代の研究材料である「和紙」をより深く知るために、2017年から1年間、和紙の産地(石州和紙/ユネスコ無形文化遺産)に修行のため職人の元で一年間の生業を学ぶ。
その土地で採取された砂鉄や、土を原料の繊維と混合して作る、彼女独自の「錆和紙」は自然酸化された紙として、彼女の幼少期からの自然観を表す素材の一つとなり、表現の研究を探求し続けている。
2019年には旭化成株式会社と共に、NYで初の展覧会を開催。2021年、日本財団の助成を受けたプロジェクトでは、広島県尾道市因島に新設されたコミュニティギャラリーに10mの作品を設置。作品は同プロジェクトに収蔵。2023年には出雲大社近くでの滞在制作と奉納が予定されている。絵具、岩絵具、墨、などを用い平面、立体、インスタレーション作品等を国内外で発表し、現在は山梨県にアトリエを構え、活動を広げている。



上野 裕二郎

  • 絵画

1996年 京都府出身
2019年 沖縄県立芸術大学 美術工芸学部 絵画専攻 油画 卒業
2021年 東京藝術大学大学院 美術研究科 芸術学専攻 美術教育研究室 修士課程 修了

私は主として生物をモチーフに、それらが持つ内在的な気や外界との揺らぎ、あるいは生成と消滅を繰り返しながら続いていく時間と物質の流れといったものに迫ることを自身の表現の主題としている。

大越 円香

  • 絵画
  • 写真
  • プリント
  • デジタル / NFT

1997年 秋田県出身
2020年 秋田公立美術大学 卒業
2022年 情報科学芸術大学院大学(IAMAS) メディア表現研究科 博士前期課程 修了
2023年 東京藝術大学芸術情報センター 教育研究助手

太田 龍之介

  • 絵画
  • ドローイング

1999年鹿児島県出身
2022年東京造形大学美術学科絵画専攻卒業

KIM YOONJIN

  • 立体

instagram:@yoonjin_sculpture

久保木 要

  • 立体
  • 陶芸 / 工芸

久保木要 KUBOKI Kaname

京都精華大学 大学院院修士課程 陶芸コース修了

2018 京都府新鋭選抜展2018

桑宮 亮

  • 絵画

1995年 長崎県生まれ
2018年 宮崎大学教育学部初等教育コース卒業
2021年 東京藝術大学 大学院美術教育研究室 修了

私の作品の根底には、色彩や物質そのものがなぜ美しいのかというの根源的な問いがあります。描くことを通して、美しさを構成している形や色や光を理解するプロセスが作品となって現れます。また、モチーフは宇宙や草花や鉱物などの自然物を通してみる光であったり、人の虚飾性のような内省的なものであったり、自身の外界を取り巻く有機的な事象から選択することが多いです。

後藤 夢乃

  • 絵画
  • ドローイング

1996年 東京都出身
2019年 女子美術大学 卒業
2022年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程油画専攻第一研究室 修了

■ 受賞歴

高屋永遠

  • 絵画
  • ドローイング
  • デジタル / NFT

1992年 東京都生まれ。
2012年 ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーティンズ ファンデーションディプロマ終了
2015年 ロンドン大学 ゴールドスミスカレッジ 芸術学部 卒業(優等学士、次席)
2017年〜2019年 東京大学空間情報センター協力研究員